2015年01月30日

インプラントとは

ここ数年よく聞く言葉で「インプラント」というものがあります。

今までは歯が虫歯や様々な都合で悪くなったときは、差し歯入れ歯などが主流でした。
インプラントを薦めてくる歯医者もあれば、進めてこない歯医者もあります。

いろいろと調べてみると良くもあり悪くもあるみたいです。

お医者様がきちんと説明しないパターンで揉めることもあるそうです。

ネット社会が発展しているので、患者さんも自分で調べる方法が増えたのは良いことだと思います。

口に異物を入れるというか、顎骨に人工歯根を埋め込むのですから恐怖を覚えて当たり前です。

特にかみ合わせなどが悪いとあごに違和感を覚えたり、歯軋りをするときがあるそうです。

私の親がインプラントを入れているのですが、マウスピースをして寝なければならないのが大変だったそうです。

かみ合わせなどの調整に時間がかかっているらしく、あまり固いものも噛めないといっています。

ただ、調整が住んで慣れれば、ブリッジなどよりずっと自分の歯に近い感覚だと言います。

金属アレルギーを発症する方でもチタンでしたら(稀に症状は出ますが)あまり問題ないかと思います。

親は自分の住む街、川越でインプラント専門医を探したそうです。

事前にキチンと検査をしてくれる歯医者さんでインプラントを検討してみるのがよいでしょう。
posted by ya!ya!ya! at 00:00| 健康管理