2015年05月29日

乾燥で粉をふいてしまう悩み

一年中、どこかしらが乾燥して粉をふいている私。

特に冬はまぶた、口の周りがガビガビになります。脛などはひび割れが網目のようになってしまいます。ごまかそうにも乳液やクリームを塗ると、余計に毛羽立ちが目立ってしまうんですよね。酷い時にはあかぎれよろしく、皮膚が割れて痛くて仕方がありません。

こうなるともう、化粧品というより傷薬が必要なんじゃないかと思います。皆さん、どうやってケアなさっているんでしょう?

自分は乾燥肌に加えて敏感肌だと思っているのですが、これって、肌が人より弱っているということなのでしょうか。

なかなか自分に合う化粧品に出会えなかった私ですが、これはいいな、と思ったのがセラミド配合のものでした。

紫外線やあらゆる外部刺激から肌を守る、いわば免疫機能だと思うのですが、これを補なったことで、乾燥を防いでくれたのかもしれません。

もっともそれがセラミド配合だから、というわけではないかもしれませんが、私にとって、肌荒れしない化粧品に出会えたことは大きなプラスでした。何しろ、メイクはおろか、化粧水をつけただけで酷い痒み、赤みが出てしまうこともあり、スキンケアをやりたくても何もしないほうがマシということが多々ありましたから。

自分に合う、合わないは本当に大切ですね。毎日乾燥肌向けの化粧水をつけられることが、こんなに肌をしっとりさせるなんて、と感激するほどでした。

それでも粉ふきが完全に収まったわけではありません。これはもう、体質改善を行って、肌の質を高めるべく食生活の見直し、冷えを取り除くための施行錯誤を繰り返していこうと思っています。
posted by ya!ya!ya! at 23:19| 健康管理