2015年07月17日

ホームページ制作について

自身が行う事業のホームページについて、当初は自作で対応をしていました。

しかし、同業他社のホームページと比較するとどうしてもデザインや構成に素人っぽさがあり、一言で言うとダサいホームページでした。

「自分自身が顧客だとしたら、ここに依頼したいとは思わないな」と感じるような仕上がりでした。

また、SEO対策という言葉は知っていたのですが、具体的な対策方法がよくわからなかったり、また、実行に移すことが難しい面がありましたので、そうしたことも含めて、プロのホームページ作成業者に作成を外注することとしました。

東京でホームページ制作をしている会社の中から、集客や運用まで知識がある業者(デザインだけではない業者)を選びました。

外注先を選定する際に注意したことは、イニシャルコストとランニングコストの確認、1ページの修正に必要な料金、ページの追加に必要な料金、そしてページ修正の簡易性などの面です。

このあたりについて自分自身では、多少のイニシャルコストが発生したとしても、ランニングコストが安く、かつ、ページ修正がこちらで好きに行えるような形が望ましいと思っていました。ブログのような形でページを増やしていきたいと思っていたからです。

こうした基本となる部分が自分の想定しているものと違った場合には、その後のホームページ運用がしづらくなってしまうため、慎重に検討を行いました。

結果、満足のいくホームページの作成ができ、また、仕事の受注にもつながったので良かったです。
posted by ya!ya!ya! at 00:00| アフィリエイト