2015年11月27日

買取相場

車好きにとって、ピカピカの新車を手に入れることは大きな喜びですよね。
誰の手にも触れていないピカピカの新車を手に入れるのならば、やっぱりディーラーが安心です。

でも新車を買うとなると気になるのがお値段です。
新車だからやはり高めですし、割引もあまり期待できません。
いろんなオプションをつけていけば更にお値段は上がっていきます。

もし既に車を持っているのなら下取りしてもらうと言う方法があります。
下取りしてもらえば、下取り価格分費用を相殺して新車を購入することができますから、買い換える方はみんな下取りを考えます。

カーディーラーでもこうした下取りは積極的に行われています。

新車を購入するカーディーラーで下取りもして貰えるのならとても楽だし便利です。
でもその選択、もしかすると大損しているかもしれません。

実はカーディーラーでの下取りは価格は、買い取り業者が出す査定価格よりも大きな差があるのです。

カーディーラーの下取りはほぼ言い値で通用し、競合相手がいないため安く買い叩かれる傾向があります。

それに対して買い取り業者は競合企業がたくさんあり、それぞれが競って買い取りを行っています。

こうした事情から買い取り業者に売るほうが高く売れる傾向があるのです。

その差額は決して小さいものではありません。
カーディーラーでの下取り価格が5万円だったのに対し、買取業者の査定額が30万円にもなったという例もあります。

今はネットで 車 買取相場 で簡単に愛車の価格を調べられますし、カーディーラーにそのまま下取りを出す前に、買取業者のほうでも査定を出して貰ったほうが安心です。

査定を依頼する分手間は多少かかりますが、そのひと手間で数十万円浮くかもしれません。
タグ:中古車
posted by ya!ya!ya! at 00:00| 日記