2016年05月20日

早めの住宅購入の利点

先月姉夫婦が武蔵村山に新築を建てましたが、旦那さんも30代に入ったばかりでベストタイミングだなと思いました。

住宅ローンを組むことができる状況にあり、将来的に一戸建てを建てようと考えているご家庭であれば、出来るだけ早めの購入がよいそうです。

転勤の多い方や二世帯住宅でご家族で実家にお住まいの方などでない限りは、大半の方が一戸建てやマンションなどの購入以前は賃貸を利用されているかと思います。

しかしながら、この賃貸に伴う家賃は自己資産になることもなく、全てが掛け捨てのお金となってしまいます。

一戸建てなどを建てられた方は“賃貸で払ったお金を少しでも住宅ローンとして払えていたらよかったのに…”と考えている方がほとんどです。

一戸建ての場合は建物代+土地代となりますので、建物のメーカーさんや建てる場所(土地)などによって価格は変わってきます。

価格についてはご家族の収入などを考慮しながら、身の丈に合った一戸建て購入計画を行えば良いと考えられます。

今では、住宅の購入に対しての様々な控除なども充実しています。

そういった控除などのお陰もあり、購入直後も意外なほど経済的に助けられる面もあります。とてもハードルの高そうな一戸建ての住宅購入ですが、無理のない計画ができれば皆さんが考えているほど大変なものではないかもしれません。

将来的に一戸建てを建てようと検討している方で賃貸などにお住まいで“家賃がもったいないな…”とお考えの方は特に早めの住宅購入なのだそうです。
posted by ya!ya!ya! at 00:00| 日記