2012年09月12日

スマホ広告が急激に伸びている

これまでのネット広告といえば、モバイル広告と、PC向け広告の2種類に分類されていましたが、今年に入ってからスマートフォンの普及によって、急激にスマホ広告市場規模を拡大しているらしいのです。

久々にアフィリネタに書いた理由として、知人がここ10年モバイルコンテンツをやっていて昨年から携帯向けの広告単価がとんでもなく落ちたというのを聞いていました。

5~6年前に携帯広告を触ったことがある人なら知っていると思いますが、モバイルアドの単価は元々PCの数倍だったのです。

これが一気に逆転し、タダ同然に…ふらふら

代わりにPCの広告単価に並ぶ勢いなのがスマートフォン向け広告の単価です。

一説によるとアメーバやモバゲーに広告を配信しているアドネットワークは今年に入り150億インプレッション/月以上の伸びをしてしているそうです。

新規参入の広告ネットワークもどんどん増えている現状ですが、これらのスマートフォン広告を集中管理できる無料サービスまで登場して複数のアドネットワークをローテーション表示できてしまうようになったようです。

まだまだ、スマホコンテンツとその収益システムは発展途上段階ですからこれから淘汰が進み、力関係がはっきりしてくるまではトライアンドエラーの繰り返しになりそうです。
posted by ya!ya!ya! at 19:42| アフィリエイト