2017年11月22日

アルファGPC

うちの長男は5月生まれ。

よく1月〜3月が誕生月である「早生まれ」の子供は同じ学年でも4〜8月生まれの子と比べて成長に差が出てしまうという話を聞くが、5月生まれの我が子は他の子と比べて成長が遅く、身長、体重も母子手帳に書いてあるような平均の成長グラフと比較するとそれを下回っていました。

その他にも「よく転ぶな」とか細かいところが気になるが健康上の問題はないことから、「気にしないようにするしかない。月齢を重ねていけば変わっていくかな。」というように夫婦で考えるようになりました。

成長期に入って発育が良い同級生とそうでない自分との差が気になりだしたのか、部活動で先輩が飲んでいたプロテインやミロなどの栄養補助食品をせがむように。

私もちょっと気になってそういった食品類を調べてみましたが、特に気にしている慎重についてはこの時期に成長ホルモンの分泌を促すような生活習慣と栄養補給が重要との事で、ちょっとプロテインは違うかなと...

そこで口コミで度々目にしたのがアルファGPCというサプリでした。

これから毎日飲むとなるとちょっとお金がかかりますが、成長期を逃したら背も伸びないかもしれないという事もあって継続して飲ませてみようという事に。

また、早寝早起きの習慣も徹底(この頃ゲームで夜更かししているので)して栄養だけでなく毎日の睡眠と背の関係も十分説明して見たところすぐに寝て朝余裕を持って起床するという思わぬ、それも嬉しい誤算がありました。
posted by ya!ya!ya! at 09:29| 健康管理

2017年06月08日

視力回復トレーニング

中学校から徐々に視力が落ち始めて初めは遠くが良く見えない、ぼやけるという程度でしたが、東京の大学に進学時には眼鏡が無ければ何も見えないというくらいまで近視が進みました。

近眼になって不便だったのは陸上部に所属していたので眼鏡がかなりの邪魔になるという事です。

スポーツグラスにしたり、使い捨てコンタクトにしたりして何とか大会を乗り切っていました。

受験生になると運動もホドホドになったのでその不便さは感じなくなりましたが、実は社会人になってからの方が目が悪い弊害がありました。

システム関係の仕事でディスプレイの前に数時間座っていることから、極度の肩こりと頭痛に悩むことになったのです。

もちろん裸眼の視力が良い人でも同様の症状はあるでしょうが、近視の場合、眼鏡をしていても角度によって見えにくい事があるので、首を傾げたり顔をディスプレイに近づけたりという動作が増えていくのです。

これが肩こりや頭痛のもとになっていると整体の先生に言われ、元の視力をよくしない限り姿勢が崩れる頻度も増え、脊椎に負担がかかっていきます。

これを克服するために最近はネットで見かけた視力回復トレーニングを始めました。

眼球を動かしている筋肉である外眼筋をトレーニングすることによってピントを調節する眼球本来の機能を鍛えるというものです。

現在3か月トレーニングを続けて0.2ほど視力が上がりましたが、こめかみ付近のコリというか違和感が減ってきたような気がしています。
posted by ya!ya!ya! at 11:48| 健康管理

2017年04月15日

かかりつけの病院が無い!

都内に越してきて3か月の時の事です。

子供が部活動中に具合が悪くなり保険室で吐いていると、学校から電話がかかってきまして、直ぐに迎えに来るよう言われました。

それが5時頃でしたので学校まで迎えに行きました。
私立なので投薬や病院の手配などは保護者が行う決まりになっていてそこで慌てて、ネットで病院を探しました。

今から受付可能な病院を探すとなると、ぎりぎりの時間でしたが新宿で内科を探したところ、西新宿の駅近くに受付可能なクリニックがありました。

GPS機能を使い経路と移動時間を検索してなんとか間に合う病院を探すことが出来ました。

学校からの帰路中も車内で子供は吐きました。

病院に着きそんなに待つことも無く診察してもらえました。

トータル4回程吐いたのですが状態もそれ程悪く無かったらしく、点滴はしなかったので、早く戻れる事になりホッとしました。

胃腸炎と診断され、内服薬の処方箋をもらいました。吐きけは、”食べないで治すのが一番早く治ります。”と言われました。

特に衰弱している訳でもないからその方が治りが良いなら従おうと思いました。

脱水になってはいけないので、経口補水液を購入して水分だけ取らせました。

本人も夕飯は要らないと言うので食べさせずに、処方された薬だけのませ寝せました。夜38度の熱が出ましたが氷枕をしてあげたら翌日には熱も下がり、吐きけも無くなり回復しました。

朝昼兼用で10時頃お粥を食べさせましたが吐くことも無く順調に回復しました。
知らない土地でかかりつけの医者も無く慌てていたので、ネットで病院を見つけることが出来、助かりました。
タグ:内科
posted by ya!ya!ya! at 19:35| 健康管理

2016年04月22日

ニベア

私がハンドクリームをとくによく使うようになったのは、実は冬になると帯電しまくる体質の私の静電気ビリビリ対策でした。

何かテレビ番組だったと思うのですが、静電気対策で有効な方法の中に手の保湿があり、帯電しやすい人もハンドクリームでかなりビリビリが軽減されるというのを見たからでした。

それから、小さいチューブのハンドクリームを色々持ち歩いたのですが、このクリーム、みんな一緒に見えますが毎日頻繁に使っていると「違いが判る」んですよね。

私が一番気にしたのは、塗った後のヌルヌル具合と保湿力の持続ですが、アロエ入りとかいろいろ試してみて結局最終的にベストだなと思ったのがニベアの青缶(もっともベーシックなニベア)でした。

因みにヌルヌル具合とは、肌への浸透力が低いと保湿成分(油?)が強すぎて携帯をぬるっと手から落としたり、ドアノブにベタベタが残ったり、結構不快なんです。

それも、ベーシックなニベアならまず許容範囲内。

あと、香りもなんというか、母の香りと言うんでしょうか。
幼少のころから馴染のあるほのかな香りで気分も落ち着きます。

静電気対策として初めは使用していましたが、今はその心地よさで使い続けている感じなのです。
posted by ya!ya!ya! at 17:28| 健康管理

2015年05月29日

乾燥で粉をふいてしまう悩み

一年中、どこかしらが乾燥して粉をふいている私。

特に冬はまぶた、口の周りがガビガビになります。脛などはひび割れが網目のようになってしまいます。ごまかそうにも乳液やクリームを塗ると、余計に毛羽立ちが目立ってしまうんですよね。酷い時にはあかぎれよろしく、皮膚が割れて痛くて仕方がありません。

こうなるともう、化粧品というより傷薬が必要なんじゃないかと思います。皆さん、どうやってケアなさっているんでしょう?

自分は乾燥肌に加えて敏感肌だと思っているのですが、これって、肌が人より弱っているということなのでしょうか。

なかなか自分に合う化粧品に出会えなかった私ですが、これはいいな、と思ったのがセラミド配合のものでした。

紫外線やあらゆる外部刺激から肌を守る、いわば免疫機能だと思うのですが、これを補なったことで、乾燥を防いでくれたのかもしれません。

もっともそれがセラミド配合だから、というわけではないかもしれませんが、私にとって、肌荒れしない化粧品に出会えたことは大きなプラスでした。何しろ、メイクはおろか、化粧水をつけただけで酷い痒み、赤みが出てしまうこともあり、スキンケアをやりたくても何もしないほうがマシということが多々ありましたから。

自分に合う、合わないは本当に大切ですね。毎日乾燥肌向けの化粧水をつけられることが、こんなに肌をしっとりさせるなんて、と感激するほどでした。

それでも粉ふきが完全に収まったわけではありません。これはもう、体質改善を行って、肌の質を高めるべく食生活の見直し、冷えを取り除くための施行錯誤を繰り返していこうと思っています。
posted by ya!ya!ya! at 23:19| 健康管理

2015年03月20日

お店によるマッサージの違い

私は定期的にマッサージに通っています。

仕事がパソコン関係をしているために、目が疲れ、それが背中の張りや首筋のコリとなっていたのでそれが辛くなってくると、それを改善させようとマッサージに行くようになりました。

最初のうちは、クーポンマガジンで探してその時に割引のあるお店にしたり、会社の近くにあるお店にしていたのですが、昨年あたりからは決まったお店に行くようになりました。

というのも、それまではまあどこでも一緒だろう、と思って色んな店でマッサージを受けていたのですが、一度初めて行ったところでかなり痛い施術をされたのです。

当時はマッサージも行き慣れてなく、それでも背中の張りや首筋のコリが治るんであればと思って、何も言えずに我慢していました。

ところが、施術が終わった後、張りやコリが治るどころか、しばらく痛みまでもが続いたのです。

そこで色んな人に聞くと、それは良くないと言われたので、それからは、それまでに行った店の中で一番ちょうどいい力加減で心地よかった栄(名古屋市中区)のマッサージ店に変えました。

丁度会社の帰り道ですし、そこのビルには取引先が入っていてよく店の前を通っていました。

そのお店では、実際にマッサージをしてくれる人を指名出来るところだったので、以前と同じ人を指名し、それからはずっとそのお店、その人にしてもらっています。

月に何度か行くのに3000円くらいから施術してもらえるので経済的にもかなり助かっています。

かと言って腕は確かですから評判も良く、いつも予約は混雑しています。

それからはマッサージの後に痛い思いをすることもなく、いつも同じ人なので私の張りやコリの特徴もわかってくれて、いつもかなりすっきりとしています。

あまりいないとは思いますが、私のようにその時の安さや近さなんかでマッサージ店を決めている方は、同じ店、出来れば同じ人にマッサージをしてもらうことをお勧めします。
私は就職した会社が栄のど真ん中にオフィスを構えていたので、このマッサージ店は前から知っていたのですが、こう言う事が無いとなかなかビルの前を通っても行こうとは思わなかったと思います。

ついでに会社周辺の事を書いておこうかと思います。

栄のシンボルはやはりオアシス21でしょうね。天井は透明なガラスになっており、そこに水が注がれ池のようになっています。自動お掃除ロボットが随時掃除するそうで、いつもとても綺麗で観光客も多く訪れていました。

オアシス21の前は大通りで、町並みは一見すると札幌にそっくりです。

中部地区でもっとも栄えていると思われる街ですが、それほど車は多くなく、渋滞している感じもしません。道も広く、運転もしやすいので他の地方から車で訪れる人には便利だと思います。

オアシス21内には大きなバスターミナル以外にお店がいくつか入っていますが、そこまで多くはありません。どっちかといえば、中央の空きスペースで時々開催されるイベントがメインな気がします。

ショッピングはパルコや松坂屋、三越もあり高級ブランド店も入っていますので、本当に便利です。

でも、実は地下街が栄の一番の魅力な気がします。

「セントラルパーク」という栄の地下に広がる地下街には本当に多くのお店があります。
服だけではなく、小物からカフェから。本当になんでも揃いますし、しょっちゅうセールとかやっているので季節の変わり目なんかはよく買い物に行きます。

最近キティカフェもオープンして、ますます盛り上がってるみたいです。
posted by ya!ya!ya! at 12:14| 健康管理

2015年01月30日

インプラントとは

ここ数年よく聞く言葉で「インプラント」というものがあります。

今までは歯が虫歯や様々な都合で悪くなったときは、差し歯入れ歯などが主流でした。
インプラントを薦めてくる歯医者もあれば、進めてこない歯医者もあります。

いろいろと調べてみると良くもあり悪くもあるみたいです。

お医者様がきちんと説明しないパターンで揉めることもあるそうです。

ネット社会が発展しているので、患者さんも自分で調べる方法が増えたのは良いことだと思います。

口に異物を入れるというか、顎骨に人工歯根を埋め込むのですから恐怖を覚えて当たり前です。

特にかみ合わせなどが悪いとあごに違和感を覚えたり、歯軋りをするときがあるそうです。

私の親がインプラントを入れているのですが、マウスピースをして寝なければならないのが大変だったそうです。

かみ合わせなどの調整に時間がかかっているらしく、あまり固いものも噛めないといっています。

ただ、調整が住んで慣れれば、ブリッジなどよりずっと自分の歯に近い感覚だと言います。

金属アレルギーを発症する方でもチタンでしたら(稀に症状は出ますが)あまり問題ないかと思います。

親は自分の住む街、川越でインプラント専門医を探したそうです。

事前にキチンと検査をしてくれる歯医者さんでインプラントを検討してみるのがよいでしょう。
posted by ya!ya!ya! at 00:00| 健康管理

2013年08月29日

痛風と食事

この頃身体の節々が痛くて、ここ数日は手の指の付け根が熱を持って腫れていました。

この時私の脳裏には、父の痛風の時の症状が思い浮かびました。

頑固一徹、いわゆる昔の日本の"親父"そのものの父が、免許取りたての私の部屋に這ってきて、病院に連れて行ってくれと言ったのには驚きました。

さっきまで居間でテレビを見ていたのにです。

救急病院では、立ち上がれなくなってタンカで診察室にはこまれていましたのでその痛みはすさまじいものだったのでしょう。

その後、病院で痛風に関する冊子を渡されて、食事を作る母がよく読んでいましたが、その中に痛憤には初期症状があるという事が掛かれていたのを思い増しました。

まさかまさか、と思い発作が出る前にと病院へ行きました。

尿酸値を測るため検査を受けたのですが、7.0mg/dlを超えている為、なりかけているようだという事で指導を受けることになりました。

最もつらいのは、大好きなビールが禁止になってしまったこと。

一刻もはやく、正常値に戻してビールを飲むために(?)徹底的に日々の食事を管理しなくてはいけません。

インターネットで痛風の食事についての一覧表をチェックして、その日の内から徹底的にプリン体をさけ、なおかつ栄養も偏らないようにしなくてはいけません。

これはかなり難しい事です。

なぜなら、魚や乳製品、穀物まで要注意食材があるからです。

これをすべて避けていたら今度は栄養失調になってしまいます。痛風専用の食事は苦は居とかないのかしらと本気で思ってしまいました(尿酸値を下げるサプリ等はあるようです)。


今のところ、腫れはひき、発作らしきものの予兆はありませんが、父の痛がり方を見ている私としてはなんとしてもあの状況は避けたいところです。

posted by ya!ya!ya! at 19:11| 健康管理

2012年11月27日

冬のストレス

寒くなって来ました。明日はもっと寒くなるといい、今年の冬の寒さはかなり厳しいと聞いて、なんだかなあ、と思っています。

冬は私にとってイライラが多くなる季節。

私は隔週、病院に通っていて、電車やバスを乗り継いで行かねばなりません。

友達が一緒に行ってくれるので、苦痛には感じずにいられますが、寒い日は、貼るホッカイロを背中に貼って行かないと、風邪をひいてしまいそうなくらい寒いです。

今夜は今、気温が3℃です。

普段は電熱器を1本つけているだけでも、汗ばむくらい温かいのに、今夜は電熱器がちっとも効きません。

冬になると嫌なのが静電気です。

私は突然音が鳴ったりすることが苦手で、それで、風船も大嫌いです。なぜなら、突然、パンッと割れてしまって、びっくりするからです。

静電気もそれに似ていて、車に乗る時は特にドアノブに手を触れた瞬間にパチンッとするのにびっくりしてしまうからです。

これが私にはすごいストレスで、ビリっと来そうなものを触ろうとするたびにイラッと来ます。

連続で、3回もビリリっとしてしまった日にはイライラストレスが全開になります。

ロフトなどには、静電気を軽減させるブレスレットなどが売っているけれども、どれくらい効果があるのかが知りたいです。

また、ストレス解消やイライラ解消のコンテンツを読んで、少しでも気分的に楽になれまと思っています。
タグ:イライラ
posted by ya!ya!ya! at 10:27| 健康管理

2012年11月12日

がん検診と知りたい病

がんという言葉を聞くとドキッとするのですが自分ががんかもと思えば夜も眠れなかったりします。

実は先日会社のがん検診で以前からあるしこりが引っかかってしまって再検査となりました。大きな病院に紹介するからとかかりつけ医から言われて不安になりながら訪れました。

あまりにも動揺している私を見かねて、家族も仕事を休んでついてきてくれました。

車で2時間かかる病院に行き細胞組織??を取ってもらい検査にまわされました。結果が出るまで2週間ほどとのことでした。電話でもよいということだったのでその日まで緊張しながら過ごしました。

その間、がんに関するホームページや本をたくさん読み漁りました。

闘病生活ブログを読んだり、生活習慣改善に関するサイトも参考にして体調を整えようとしたり。

また、がん治療に関する医療系のページや、ドクターのページなどもひたすら読んでいました。

とにかく、自分がもしかするとガンかもしれないという不安が、病気に関する知識を欲するのです。

結果が出る日ですが1人で結果を聞くのが怖かったのですが夜まで待てなかったので昼休みに病院に電話をしてみました。そしたら問題なしということでひと安心です。家族にもすぐに伝えました。

今回もし自分ががんに侵されていたらどうしていたのかと考えるととても怖いです。がんは早期発見が大きなポイントになると聞くのでこれからもきちんと検査をしたいと思います。

タグ:がん検診
posted by ya!ya!ya! at 21:50| 健康管理