2016年03月30日

サンフランシスコの思い出

私は今まで2度海外留学(しかも同じ都市)をしました。

きっかけは勤めていた会社を辞めようと思っていた頃に映画鑑賞にどハマりし、今まで好きではなかった英語に興味を持ったからです。

どの国にしようかと迷いましたが、やぱり映画の本場であるアメリカにしようと思い資料を集めました。

その中でサンフランシスコに惹かれたので、自分の条件に合う語学学校を探しました。

とりあえずお試しという感じだったので、短期留学(3ヶ月)することにしました。

3ヶ月だと学生ビザを取る必要はないのですが、授業時間に制限があるため午前中のみ授業を受けることに決めました。

滞在中、午後からフリーだったので他国の友達と勉強やおしゃべりを楽しんで過ごしました。

私が行ったのは1月から4月でしたが、3月には春休みに入った日本の大学生がいっぱいでした。

2回目はその一年後、4年制州立大学について、アメリカ留学の費用を調べていて、初めの計算よりかなり安く留学する方法をネットで知りました。

土地勘があるということと、以前友達になった人がまだ勉強中だったということもあり、同じ都市に決めました。

エージェントに頼んですべて(飛行機・空港からの送迎・滞在先・学校等)を手配してもらったのですが、料金が割高なのと何かと不都合があって気分が悪かったので2回目はすべて自分で手配しました。

基本的に大都市の中心部はどこの学校へ行っても必ずと言っていいほど日本人がいるので、どうしても日本人に会いたくなければ大都市は避けるべきでしょうね。
タグ:留学
posted by ya!ya!ya! at 23:27| 勉強・学習

2015年06月18日

女性の働き方

女性の働き方についてのセミナーに参加した際とても感化されました。

結婚や出産を将来希望している場合、やはり仕事と私生活のバランスであるいわゆるライフワークバランスを考えて自分のキャリアを考えていく必要があります。

就職をする際には、残業があまりないことを重視する人も沢山いますし、仕事のみの生活になってしまうからと転職する人も沢山います。

ただ、「私は女性だから。」といって自分がやりたいと思うことを抑えてまで、私生活の時間をきちんと持てる仕事にするべきかどうかは難しい問題です。この問題は多くの女性の方を一度は悩ませたものであるのではないでしょうか。

今回のセミナーでは動画収録も行われており、ネットでも見ることが出来るようです。
企業でいわゆる「バリバリ」と働いている女性がお三方登場し、自分のキャリア観について話すというものでした。

ここで言えることは、自分の仕事に誇りをもって尚且つ自分に自信をもって働いている女性というものはとてもオーラがあり素敵に見えるということです。

今回のセミナーを通して、自分がやってみたい仕事がある場合には、あまりワークライフバランスというものを考えずに挑戦してみようと思えました。

自分が進みたい道に進んでいれば、どうにかなると思いましたし、将来もし結婚や出産などの状況に陥ったとしてもその時に考えればいいのだと個人的に思いました。
タグ:セミナー
posted by ya!ya!ya! at 00:00| 勉強・学習

2014年02月05日

予備校のテキスト

姉の長男が大学受験を迎えるので、受験関係の出費が増えてきたそうです。

もちろん学習塾の費用が多いのですが、意外とかさむのが、参考書代です。思い返してみれば、私自身の受験でも、参考書は多数持っていたような気がします。

そんな参考書ですが、最近は、意外とお金を出さずに手に入れられることも多いのですね。

子供が見覚えのない参考書を持っていて、どうしたのかと聞いてみると、「友達からもらった」「先輩にもらった」といった言葉が返ってくることも多いです。

ほとんど新品のものも多く、本当にもらったのかと聞いてみると、予備校に申し込んだは良いが、受験科目を変更したため、講座も参考書も不要になったという子が結構居るのだとか。

なるほどと納得しました。

その他にも、オープンキャンパスや、入試説明会などで、大学側が自分のところの赤本を配ってくれたりもするようです。

赤本といえば、大学受験生のバイブルともいえる必須参考書の一つですが、これが無料で配布されるとは、驚きました(結構なお値段です!)。

もちろん、そういう所がすべてではないですから、多くの場合は赤本のネットオークション→ http://storeuser2.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/books_dream 等で購入していると聞きました。

タダで参考書がもらえるという情報に振り回されたり、自分に合わない参考書を使って、勉強が遅れるということがないようにはしてほしいですが、自分の子供が意外としっかりしているのだなあと頼もしく思いました。
posted by ya!ya!ya! at 19:04| 勉強・学習

2012年08月10日

中学受験と通信教育

一番上の姉の子がもう小学4年生です。
姉はと言うと完全に教育の鬼ふらふらで、甥は4種類の塾(英語、公文、セルモ、空手)で毎日ものすごいスケジュールをこなしていました。

それが、夏休みにとうとうその子は「もう行かな〜い」とブチ切れてしまったのですがく〜(落胆した顔)

まあ、何となくその気持ちはわかります。
だって、夏休みで塾が無い日がお盆の4日間だけだったから。

友達とポケモンの映画を見に行く約束がダメになったのが一番大きかったみたい。

中学受験のために姉はそこまで色々やってきたのだろうけど、甥がかわいそうなので助け舟を出す事にしました。

「姉ちゃん、○○君を信じて塾を減らして自主勉強させてみたら?」といってパソコンのページ→ Z会 小学生 を見せてみる。

「Z会は受験コースがあるよ。国立大学や有名私立大学に合格者を多数輩出だって。」と中学受験対策である事を押してみましたたらーっ(汗)

そうこうしているうちに旦那も帰ってきて事情を察したのか、「Z会スゴイな〜通信教育進化してるな〜」ともうひと押ししてくれます。

さすがに、旦那さんにも押されて観念したのか英語と空手以外は自主勉強で半年、成績が落ちなかったらそのまま続けるという事で一件落着。

甥っ子も無事友達と映画を見に行けたようです。
タグ:通信教育 Z会
posted by ya!ya!ya! at 19:08| 勉強・学習