2015年05月24日

昭和の登記

家屋敷というものは、そこにある限り親族が住んだり立て替えたりと、特に難しい事を考えずに受け継いで行くもののようですが、法律はそうではないようですねたらーっ(汗)

先月実際に有った話ですが、私の叔父が土地(愛知のかなりの端の方です)を相続したら、名義のほとんどが先先代の故人(昭和の時代)なっていたそうです。

叔父の家は、長男が亡くなって二男が海外にいる為相続を譲り、三男の叔父が遺言状によって土地を管理する事になったのでかなり"ややこしい"状況で、さらに個人名義の不動産が出てきたものですからもう素人ではどうしようもない状況でした。

固定資産税というものがありますので、どこでそのような事になったのかはわかりませんが早急に、正しい名義に替えなくてはいけません。

また、不要な土地などをそのままにして税金を払うという余裕もないので私の父に相談に来ていました。

税金関係は、「判らなかった」といって放っておくと大変なことになるので、まずは専門家に相談をしなくてはという事になり、ソファーでそれを聞いていた私が、ノートパソコンに名古屋の司法書士事務所をリストアップして「名古屋の相続屋さん」という、それ専門の事務所に連絡する事になりました。

幸い、今回の相談のような世代をまたがった名義の手続きを得意とする専門家を紹介してもらい、すべて任せることになったようです。

戦中戦後などの場合、名義関係がうやむやになったり、素人には分からない手続きで所有者のあいまいな財産というのがまだまだあるそうですから、何らかのリスクを負う前に、きちんとした手続きをしておくことは重要だなと思います。

正直言って叔父の件が無ければ、司法書士と言う仕事について知ることもあまりなかったなと思います。

それどころか、はじめてその話を聞いた時は「運転免許証の書き換えの時に書類を代書する看板を持ってる人?」とか、トンチンカンな事を言って、叔母に「それは行政書士の営業でしょ?」と言われて「ふーん」と思っていたくらいのレベルなのです。

ネットで調べてみればすぐわかった事なのですが、司法書士は法務省管轄で、行政書士は総務省が管轄。

行政書士は文字通り行政、官公署に提出する書類、権利義務又は事実証明に関する書類を作るのが仕事です。

対して司法書士は、その名称通り司法、つまり裁判所(地方裁判所、簡易裁判所、家庭裁判所など)に提出する書類を作成するのが仕事です。

何となく区別がついたのは友人が債務整理をしたときにその手続きを依頼していたので、そのあたりからようやく区別がついたというお話。

また、相続にも関係しますが何らかの金品を法務局に供託するような事態にも対応しますし、意外なところでは外国人帰化申請手続なども司法書士の仕事のようです。

私は社会人になってだいぶ経ってから、ようやくこの違いについて知ることが出来たのですが、このような事をちゃんと知っている人は、実際に困ったことが起きて利用した経験がないと、案外少ないのではないでしょうか?

でも実際に何かがあってからでは慌ててしまいますし、こう言ったきっかけで、法律の専門家がどんな仕事をしているのかを知ることが出来て、一般常識の幅が広下ることが出来てとても良かったなと思っています。
posted by ya!ya!ya! at 23:40| 法律行政

2014年04月08日

税務調査

私が副業でしていたネットショップは、当初白色申告をしていましたが、翌年より売り上げが安定してきたので青色申告にしました。

自己流で帳簿を付けてわからないところはネットのQ&Aを見て、会計処理などをしてきましたが、特に問題なく4年が経過したので「これで問題ないんだ」とそう思っていたのです。

しかし翌年に、なんと税務署から電話がありました。
何だろうと思って聞いていると、「税務調査を行いますので日取りを調整してください」というのです。

私はその時に、映画のマルさの女のようなモノを想像して、パニックになってしまいました。

その時は知識が無く、後々わかる事ですが、映画の調査のメインになっているものは「査察」という巨額の脱税など規模が大きくて、意図的な脱税に関する別の期間の捜査でした。

実際そうと判るまでは、震えうような感じでしたが、税務署員の方が二人来て黙々と保存している帳簿をチェックしてたまに質問されるだけというのが3回。

あとは、帳簿の誤りや経費の取り扱いに対して注意を受け、8万円の申告漏れを指摘されました。
実際は、源泉徴収の部分で税金の過払いがあって相殺されたのですが、やはり素人が4年も帳簿を付けるとこれだけ誤りがあるのだなという事を痛感しましたし、偶々過払いがあったというだけで、支払う必要があったかもしれません。

私は調査の後すぐに、札幌の税理士事務所に顧問を依頼する事にしました。
実は今の通販事業の法人化を考えていたからです。

会社組織にして、規模を大きくしたら、自分の手には負えないなというのをはっきりと感じて早めに専門家を味方に付けようと思いました。

実際顧問と言っても札幌市内のベンチャー支援の税理士の場合、月に1万円以下ですからそれだけの価値はあると思います。
タグ:税理士
posted by ya!ya!ya! at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 法律行政

2014年03月17日

年金

会社員時代は厚生年金が自動天引きされていたので、まったく年金について意識しておらず、給料明細に金額も書かれていましたが、あまりチェックしていませんでした。

会社を辞めた途端に年金を意識しなければならなくなりました。
区役所に行って国民年金に切り替える手続きを行い、1年分の国民年金の振込用紙が届くようになりました。

毎月コンビニでその金額を支払い、1ヶ月間以上の長期の派遣をする場合、厚生年金に入るため、また区役所や市役所に切り替えの手続きに行きました。

最初の内は国民年金をきっちり払っていたのですが、暮らすのが大変になり、滞納したりしました。

その後、引越し先の市役所で、前年の収入によって国民年金の減額や免除のシステムがあることを知り、手続きしました。

その手続きはなるべく7月に行った方が有利です。

7月に行くと、7月〜翌年6月分とあわせて、前年7月〜6月分も申請可能だからです。

将来的に受け取る金額は減額されますが年金が受け取れますし、督促連絡も来なくなります。

後から払うことは、振り込み日の2年後までは使用期限の印字のある用紙を使えば振り込み可能でしたが、今は税務署に手続きに行けば、10年前分までさかのぼって払えることになりました。

もし、収入が増えた場合、追加で払えなかった分を払っておくと将来楽になると思います。

また、年金には老齢年金の他に、障害年金という、もし自分の身体に怪我や病気で後遺症が残ったり、しょうがいとなるような健康状態になった場合に支給される年金がある事を説明されました。

これは、65歳以下の年齢で支給されるもので、障害年金手続きを社会保険労務士さんにしてもらえるサービスもある事がわかりました。
タグ:障害年金
posted by ya!ya!ya! at 23:23| 法律行政

2013年12月03日

消費者の逆襲

グレーゾーン金利が違法になってからというもの、「本来払う必要のなかった金利を返してくれ」という請求、つまり過払い請求で、飛ぶ鳥を落とす勢いだった消費者金融業界が一気に没落したことはよく理解できますが、その勢いが大手サラ金を軒並み潰す、もしくは吸収合併、身売りして銀行傘下になるという選択にまで追い詰められたのはもう、完全なる消費者の逆襲だなと思います。

そもそも、消費者金融の「違法であった部分の金利」が元で、「返しても返しても元金が減らない」という状況が生まれ、「返せない」となると、まさに法律を盾に回収をするという事を繰り返してきたわけですから。
過払い金の返金も「法律を盾に返してください」という回収手段ですから、まさにそれまで消費者金融がしてきた手法をそのまま返されたわけです。

それで業界ナンバーワンに上り詰めたはずの武富士は、一瞬でその利益をすべて失いました。

この過払いに関する動きの中で、「一番恐ろしいのは誰だ」と考えてみると、それは法律事務所だと思います。

過払い問題が違法と断定されるまでは どちらかというとサラ金の返済に関る事で業者に雇われることが多かったはずだと思いますが、今ではテレビCMで「お金を取り戻してあげますよ。着手金はいりません。」と大々的に消費者を集めているのですから…ふらふら

タグ:過払い請求
posted by ya!ya!ya! at 19:00| 法律行政

2013年07月22日

不動産投資

仕事で知り合った人で不動産投資をしている人がいます。
私の感覚では、不動産投資というと土地持ちの人が田畑を宅地化してアパートをたてて運用したり、すごくお金持ちの人が都内のマンションを買っていくような「素人では無理」という感じだったので、一介のサラリーマンのその人が不動産でかなりの額の投資をしていることに驚きました。

しかし、地方の住宅地がドーナツ化し始めたような場所にあるアパートを1棟購入したりというのは、金銭的には都内にマイホームを建てるより安いのだそうです。

実際、その人はローンでそれらの物件を購入しているらしく、庶民の感覚ではとても恐ろしいなと思いました。

ただ、その人の場合、半分以上の物件は不動産の私募ファンドを設立して資金を集めているらしく、元々そういうお金の流れに詳しい人のようです。

しかし、ファンドなんてそう簡単にできるのかというと、これが出資者がいれば適格機関投資家特例業務という制度を使って無資格者でもお金を集めることができるようなのです。

基本的に、上記の場合は一人の適格機関投資家(証券会社や銀行規模の投資家?)と49人以下の出資者があつまれば公認会計士に依頼してファンドを設立する事が出来ます。

あとは、取得した不動産を運用して出した運用益を分配するのだと思います。

その人のすごいところは、数千万円、数億円という額のお金を預かって長年運用しているのに出資者が又集まるところ。

おそらく利益を出しているのだと思いますが、それに加えて、見た目は普通のサラリーマンでまったくお金があるように見せていないところです。

私のイメージでは、不動産投資をしている人は外国車に乗って成金腕時計だったので....ふらふら

こういう隠れ「金持ち父さん」が密かにいるのだなと思うと、本当にお金の世界の不思議を感じます。
posted by ya!ya!ya! at 23:22| 法律行政

2013年06月14日

老後の不安と自分年金

アベノミクスで景気回復のニュースが目につくようになりましたが、少なくとも私の周りの家庭で実際に収入が増えたとか、景気が良くなったとか、そういう話は聞いたことがありません。

新聞だってよく読んでみると「TPP問題での地方都市の収入減少」や「年金の支給開始年齢引上げ問題」なんて、将来的に一時的な景気回復なんて吹き飛んでしまうような不安要素がさらりと報道されているんですよね。

年金の支給開始年齢引上げ!? ただでさえ危ないと言われ続けていたのに、65歳ですよ。
もしあなたが30歳のサラリーマンで毎月年金分を貯金していったら65歳までに500万円以上を支払って何年もらえるんでしょう。

まあ、年金は支払わなくてはいけない義務がありますので払わないという選択肢はないですが、これを当てにしてお金を支払っていくにはあまりにも頼りないなと思っています。

私の周りでは個人年金や、リスクの少ない金融商品にコツコツ投資して将来の蓄えは自分で作ろうと考え始める人が多くなっています。

私も最近は、自分年金積立(TVCMで話題のいつかはゆかしなど)とかリスクの少ない方法で老後の確実に自分にお金を残す方法を考えています。

先日、ママ友にこういう話をしたら「そういうのってリスクあるんじゃないの?」といっていましたが、正直「年金あてにするリスクよりずっと低くないですか?」と返すのをぐっとこらえている自分がいました。

こういうことは、個人個人の人生設計なので、波風を立てたくはなかったので黙っていました。

ただ、私はこうして「自分の老後の生活を確保している」、友人は「そういう事を考えていない」という事なのです。
posted by ya!ya!ya! at 20:36| 法律行政

2013年05月03日

痴漢の示談

同僚の知人女性が昨年末電車で痴漢に会ったらしいのですが、その彼女は合気道の有段者でその痴漢の腕を関節技で極めて捕まえてしまったそうです。

漫画のような感じでサラリーマンが手を捻られて「イテテテ」と抑え込んだというので大したものだなと思いました。

普通こういう場合、女の人がトラウマになって犯人と接触したくないというのを聞きますが、この場合犯人のサラリーマンが怖くて顔を合わせたくなかったらしく事件後数時間で弁護士を雇ったらしいのです。

弁護士を雇ったと言っても、障害で訴えるとかそういう話ではなく、怖いので弁護士を通じて謝罪して慰謝料を支払いたいという話を警察の方から伝えられたと言っていました。

これも、ふつうであるなら女性が犯人と接触したくないので代理人を通すのが普通だと思いますが、痴漢行為自体も、その謝り方も本当に情けない限りだと言っていました。

結局、女性自身は「強めにやり過ぎてしまった」というほど飄々としていたので、痴漢示談は成立してそのサラリーマンも事を大事にせずに済んだらしいのです。

私も一介のサラリーマンですので、ふと気の迷いでこういう行為をしてしまい、気が付いたら締め上げられて警察に突き出され、被害者の女性の気分次第で職も家庭も失うという状況になったら....想像するだけでゾッとしますね。

タグ:法律 示談
posted by ya!ya!ya! at 21:50| 法律行政

2013年02月01日

産業用太陽光発電

とうとううちの会社にもソーラー発電設備が設置されました。

産業用太陽光発電というヤツです。

こんな中小企業でも省エネ、エコ推進をやるんだなぁとのほほんとしていると、上司が「税金対策」と現実的な一言をたらーっ(汗)

グリーン投資減税、エネルギー環境負荷低減推進設備投資税制とは、最新の技術を駆使した高効率な省エネ・低炭素設備や、再生可能エネルギー設備への投資(グリーン投資)を重点的に支援する「環境関連投資促進税制」です。

取得価額の30%特別償却と7%税額控除は確かに大きいと思いますが、このくらいの「お得感」が無いとこの平成不況の中身銭を切ってでも再生可能エネルギーの普及に貢献しようという企業はあまり出てこないのかなと思います。

でもこの制度と、発電した電力の固定価格買取+全量買取という二重構造で、平成26年3月31日までに導入すれば収益と減税が保証されているのだからすごい話です。

私が経営者なら絶対に導入するだろうな、上司のやらしい話じゃなくとも、自社ビルに太陽光発電が付いているというのを一般ユーザーが見たら「エコに貢献している会社」と言うイメージだし、このことに関してはそれでいいと考えます。

自社発電をしている事=カッコいい=良いイメージ と言う構図をニヒリスティックに批判する世の中じゃなくて、素直に「素敵わーい(嬉しい顔)」と思えることが日本の先進国意識を向上させるのだと思います。

参考: 産業用太陽光発電導入ノート
posted by ya!ya!ya! at 18:49| 法律行政