2014年11月26日

全国選抜の応援

私の甥の学校は全国でもテニスでは強豪校として有名です。

姉が近所に住んでいて、父母会の経理をしており、自動車を持っているという事もあって応援の度に私まで駆り出されます。

まあ、甥の活躍を見るのが楽しみなのでいいのですが...。

毎年春の全国選抜には必ず出場していて、応援団、応援グッズもたくさん用意してあります。

大きな大会の団体戦では必ず高校名の入った大きな横断幕をフェンスに縛って応援するのが恒例です。

しかし、長い歴史の中一度だけ、それが使われなかったことがあります。

それは、2011年度の全国選抜のときです。甥も出場するので遠い海外から(私は海外駐在してました。)飛行機に乗り、色鮮やかな開会式やお祭りムードの試合を楽しみに博多を訪れました。

しかし、まさにその10日ほど前にあの記憶に新しい東日本大震災が起こってしまったのです。

大会主催者側もどうしてよいのかわからず、中止か開催かをずいぶん迷ったようでしたが、1年間この大会のために努力してきた選手たちのことを考えて、あえて開催することになりました。

しかし、とにかくとてつもない災害のため沢山の死者や行方不明者が出ている中でのテニス大会をするというのは、すべての人達の心に引っかかっていました。

被災した東北地方の高校も自分たちのできることを精いっぱいやろうということで2校出場しました。

そして、哀悼の意を示すという意味で応援は一切禁止、開会式のイベントも自粛、そしてどこの高校も横断幕を使うことが禁止されました。

試合は最後まで行われましたが、私が見た中では異色の地味で質素な大会となった思い出があります。
posted by ya!ya!ya! at 00:00| イベント

2014年10月20日

ムービー制作

企業のプレゼンとは違う、商店街の50周年記念祭で上映する「地元の商店街の長老たち」というムービーをお祭り会場で上映する事になりました。

私は親戚がその会に入っていたために、「パソコンでムービーを編集してほしい」という無茶な依頼を受けたのです。

確かに、ホームビデオの編集をしてDVDに焼くくらいはできますが、不特定多数の方に見ていただくようなクオリティーの物は自信がありません。

親戚も、インタビューをつなげてドラマチックな音をかぶせて何とか作ってほしいと言うばかり。

はっきり言って素材的には地元の有名人(のおじいちゃんおばあちゃん)なので申し分ないのですが、5分という時間にうまくそれをまとめて入れるというのが出来ません。

ふと思い出したのが結婚式ムービーをプロの業者さんに依頼した時です。

確か結婚式ムービーのサンプルがブログにたくさんありました。

それを穴が開くほど見て、店舗や切り替えタイミングなどをまねしていきました(もちろん素人レベルのまねですがふらふら)。

プロの編集の場合、注目するべきカットとそうでないカットの時間の使い方が違くて、やはりプロだなと思いました。

どうにか5分にまとめたDVDを持って行って、会長さんに見てもらってOKをもらいましたが、プロのサンプルをマネしていなかったらとても無理な作業でした。
タグ:ムービー
posted by ya!ya!ya! at 00:00| イベント

2014年05月20日

結婚式ムービー

時期は梅雨。ジューンブライドの季節となり知り合いの結婚式に参加することも多くなってくるのではないでしょうか。

私もつい最近友人の結婚式に出席しました。

その際に余興動画の作成を頼まれ、会社の入社時からずっと仲良くしてきた友人でしたのでこころよく引き受けることにしました。

私が選んだ動画の内容は、新郎新婦の知り合い達みんなに出演いただくもので、一つのビニールボールを回していき、祝福の一言とボールに手書きでメッセージを書いていってもらうというものでした。

メッセージを書いたらボールを画面外に投げていただき、それを次の人が受け取りまた一言とボール回すといったメッセージボールがずっと繋がっていくような演出です。

そしてそれを当日披露宴で手渡すというものにしました。まず苦戦したのが動画の編集でした。

私は動画の編集などやったことがなく、ほぼ素人状態。まずは動画の編集方法から勉強することにしました。

勉強の結果、市販の動画編集ツールを使い、なんとか形になるような編集テクニックを身に着けることができました。

もちろんプロの作った映像と比べると明らかに手作り感満載ですが、結婚式ムービーのまとめなどからプロの制作会社の作品を見て参考にしました。


そして次の問題は出演いただく新郎新婦の知り合いの方々の予定調整でした。欲張って新郎新婦の家族にも手を出してしまい、2か月くらいは毎週土日が撮影の時間となってしまいました。

しかし、結果50人以上もの方々に出演いただくことができ、本番の披露宴でも新郎新婦がとても喜んでいたため、頑張ってよかったなと心から思いました。

新郎新婦のための動画ですから、新郎新婦が喜んでくれるのが何よりも一番うれしかったです。
タグ:結婚式
posted by ya!ya!ya! at 19:34| イベント

2014年03月05日

結婚式の演出

昨年の11月に前の会社でとてもお世話がなっていた先輩の結婚式があり、結婚式を挙げる前から式で出す料理や演目の相談をされていてとても参加するのが楽しみでした。

しかも、その先輩は音楽が大スキな人で旦那さんとも趣味の演奏活動を通じて出会い結婚まで至ったと聞いていました。

一度は、旦那さんも交えてごはんに行ったこともありますが、とても気さくで先輩の事を大事にして可愛がっているんだなと感じました。

そんな音楽好きな二人の式なので、なにか面白いことをやってくれるのではないかと思っていると、やはり友達も音楽をやっている友達が多いとのことで、ライブをやっていました。

しかも、当日式が始まる前に、お色直しの後にかかる曲はなんでしょうというクイズがあって、3択形式でみんな投票していったのですが、その投票で正解した人何人かに抽選で二人からプレゼントを送っていました。

料理も面白くて、海老やフグの天ぷらを会場の後ろで揚げていて、できたての熱々をみんなにふるまっていました。

ライブが始まって、途中サプライズで、先輩は知らなかったようなのですが、旦那さんがギターを練習していたらしく旦那さんも演奏していて、先輩がとても感動していました。
その途中から、会場が真っ暗になり、演出した友人や列席者の名前と、新郎新婦の思い出の映像が流れる感動的な結婚式のエンドロールがスクリーン一杯に映し出され、ギターライブが挿入歌のようになり、会場が感動の渦に包まれました。

今思い出してもあの演出は、心に残る最高の物だともいます。
posted by ya!ya!ya! at 22:45| イベント

2014年02月25日

社会人サークル

社会人サークルの合コンイベントに誘われて参加登録をしてみたのですが、どんな服装が良いかなと思案中です。

同期で独身の人間に聞いてみると、お兄系の格好で良いじゃないかと言われましたが、数々のお見合いパーティー 大阪 クラブ、関西圏で展開しているグループのホームページには、カジュアルな交流飲み会でも一応のドレスコードがあるので「どこまでカジュアルなんだろう」と思いました。

一つ先輩の主任は、2年前にお見合いパーティーで結婚した人なので、ちょっと参考までにと相談してみると、ズバリ「仕事で着ているスーツ姿で、一番上等なものを着ていけ」との事。

理由は「社会人の交流パーティーなら、きちんとした仕事をしている印象が最も好印象だから。」です。

社会人の「カジュアル」とは、「仕事帰りの姿」で、「ドレスアップ」なら、それなりの礼服という事になるのでしょうか。

確かに、学生のコンパとは違って”おしゃれ”と言っても本当にカジュアルな服装の場合、「この人はちゃんとした社会人なのだろうか?」と思ってしまいます。


また、普段着ている綺麗目のお兄系なら、水商売風にみられてしまう場合もあるので避けた方が良いだろうとも言われました。

カップル成立が目的の一つにあるなら、女性の目はもっと厳しいはずですから、やはり経験者は違うなと感心したのでした。
posted by ya!ya!ya! at 01:18| イベント

2012年12月26日

恋愛とメール

ネット弁慶という言葉をよく聴きますが、これはネットではすごい事を言っているけど実際はそうでもない人の事です。

私の知り合いにはメール弁慶と呼ばれている人がいます。

仲間内でメールのやり取りをしているのだけども、どうもその人は、悪い人ではないのだけどメールでは非常に空気を読まない、読めない、失礼極まりない文章を送ってくるのです。

でも、実際にイベントなどで顔を合わせると、人当たりが良くて憎めないんだけどなぁというのがみんなの意見。

おそらく、自分とメール相手の「心の距離」みたいなものを文章で調節できない人なんだなと思います。

数週間前、そのメール弁慶君がすごく気に入っている女性の一人と、年末のイベントの際にメール交換をしたらしいのですが、私は友人として「彼のメールを数回読めば、返信する気にならないだろうな」と妙に心配しています。

というか、「メールの内容をその人に直接言える関係かどうかを考えてみて」と私が言えばよいのですが、それこそメール弁慶君と私の距離ではそこまでは言えません。

そこで、「異性の好意のレベルで書いて良い内容と悪い内容がある事」をうまく説明している恋愛メールのブログを何気なく教えました。

彼は元から鈍感な人ではなくて、メールなどで送るメッセージになぜかデリカシーが無いというだけの人なので、多分気が付いてくれると思います。
タグ:恋愛メール
posted by ya!ya!ya! at 23:11| イベント

2012年12月06日

ケータリングのオーダー

会社で中途採用の社員を何人か採用した時に、アットフォームに会社で歓迎会をすうことがおおいのですが、その際はレクリエーションルームにケータリングを頼んでいます。

大体総務の人間にそれを任されるのですが、ここ数年は私ともう一人の「宴会部長w」がオーダーを担当しています。

いくつかのケータリング会社を利用したのだけれど、いろいろ頼んでみて、身内向けの場合、本格いフレンチなどより意外に定番の料理がパーティーにはいいんだということがわかりました。

ケータリングランキング
でも、バラエティーオードブルのお店がかなり上位です。

小分けになっていると便利なのかなと思って、そういう料理をいろいろ注文したけど、小分けになった分量自体が多すぎるものは最後に残ってしまいます。

サンドイッチなど手の平サイズのものはさっと手にとれるし、喋りながらでも片手で持っていられるのでやはり人気。

大きなお皿に入って届いたローストビーフやサラダ類も大人気。

グラタン、ラザニアなどは、みんなで食べにくくないかなと思いましたが、
スプーンさえあればさくっとお皿に盛れるので特に心配する事はありませんでした。
おそらくおむすびや唐揚げなどと一緒に食べるのに、なんとなく味のアクセント的にも食べたくなる味なのかもしれません。

その他、お寿司やピザは、お酒にも合うし予想通り人気です。

あと、みなさんそんなにガツガツと食べに走る人がいなくて人数分の注文では多すぎることもわかりました。
posted by ya!ya!ya! at 16:02| イベント