2016年09月23日

会議用プロジェクター

会社の会議用で数台プロジェクターを持っておりましたが相次いで壊れたため、レンタルすることにしました。

レンタル会社からパソコンのレンタルをしていることもあり普通にレンタルするよりもかなり安い値段でレンタルすることができています。

レンタルのプロジェクターを会議室に設置する際にも専門の業者が来てしっかりと設置してくれパソコンとの接続も全て行ってくれました。

プロジェクターは使用頻度が高くない割にはメンテナンスが必要で、フィルター、配線などすべてメンテされたものを借りるのが一番コスパが良いなと感じました。

接続不備などの障害が起きた際にもすぐに対応してくれていますし、故障も心配もほとんどありませんのでとても安心です。

毎回、最新機種を借りて使い続けられるので嬉しいです。

会社で購入してもなかなか忙しさのあまりメンテナンスなどの部分に手が回らなかったり、トラブルが起きた際に対応できないということもあるので一度レンタルでここまでの対応を経験してしまうと、レンタルをやめようとは思いません。

コ全く数か月使わない時期もあるので年間を通すとスト的にも自社で購入していた時と比べて不思議なことに安くなっているので嬉しいです。
posted by ya!ya!ya! at 19:49| 仕事

2016年08月23日

短期の転勤

短期ですが東大和市に転勤が決まり、賃貸住宅を探しました。

私だけ単身赴任という事も考えたのですが、子供が小さい事で家事分担の為に全員で引っ越すことに。

とはいっても1年で戻ってきますので、事はすんなり進みました。

家を決める条件は出勤に便利な所、妻と自分の車を停める駐車場があること、予算内でできるだけ新しくてきれいな所を優先しました。

子供が小さいので、近くに公園や児童館など遊べる場所があるといいな、とも考えていました。

引越しの業者からの見積もりを取った際に、営業の方から東大和市の賃貸に強い不動産会社を教えてもらい、そこに電話をしてから行きました。

希望をあらかじめ伝えてあったので、訪問するとすぐに資料をいくつか見せてもらえました。

三つほど内見しましたが、どこも良くて迷ってしまいました。

一長一短です。最初の間取りが良くて広い物件は、アパートの前の道が狭くて車が通りにくい。

二つ目の落ち着いた住宅街にあって通勤しやすい物件は、他と比べて少し築年数が経っている。最後の希望の条件を全て満たしいる物件は家賃が高い。

一度帰って、ああでもないこうでもないと相談しました。

結局子供のことを考えて、総合的に便利で過ごしやすそうな所にしようということになり、二つ目の物件に決めました。

実際に住んでみると、多少築年数が経っていても十分きれいで快適な部屋でした。私も妻も納得して決めたので、とても気に入っています。
タグ:賃貸
posted by ya!ya!ya! at 00:00| 仕事

2016年04月08日

拠点倉庫

今はほかの会社に移ってしまいましたが、前職は有名企業の物流関連会社でした。

倉庫の荷物は要するに倉庫アウトソーシングによって、拠点倉庫に預けられた商品ですから、セクションによってさまざまな業種の荷物にお目にかかります。

一般的に物流倉庫といえば、「軽作業」」と言われるいわゆる「楽チン」な仕事、もしくは軽作業と聞いていたのに全然「軽」じゃないきつい仕事など、あまりいいイメージを持たれない職業だと思います。

確かに仕事内容は体力的にも精神的にもきつい内容が多く、製造の都合によって予定が簡単にひっくり返ってしまいロング残業、さらに午前様、というのも珍しくないです。
自分はほぼ泊まり込みも年に数回ありました。

製造の予定によって毎日状況は変わります。

急に予定が変わったせいで時間的にどう考えても無理めなスケジュールをなんとかこなし、顧客の無茶にイライラしつつも顔は笑顔で承り、たった1パレット分のスペースを空けるため(保管コストの削減)に大の大人数人が何時間も悩んで・・・暇な時期は暇な時期で改善したり作業手順書を作ったり…とやっていると1年なんか本当にあっという間に過ぎます。

また、自分が供給した部品が組み立てられて家電量販店に並んでるのを見るとテンションが上がります。

同僚と新発売になった製品の前で「そうそう!この○○モデルの○○部品、箱の入り数が多くて荷卸ししてると腰傷めるんだよなあ・・・」なんて関係者しかわからない身内トークも面白いですね。

その他にも工場はいろいろな資格が必要ですから、会社で取らせてもらえたりしました。
タグ:倉庫
posted by ya!ya!ya! at 22:11| 仕事

2015年07月31日

進化する研修

私は大学を出て新卒で某ファミレス中心の外食企業に入社しました。

調理の実習を行う専門のキッチンがありまして、そこでみっちり料理の基礎を教わりました。だだっ広いキッチンに新入社員が私も含めて5人ほど集められました。

私はその時までほとんど料理をした経験がなかったのですが、ファミレスの料理なんてセントラルキッチンから送られてきたものを温めるだけだろう、とタカをくくっていました。ところがこれが大間違い。

サラダに使う野菜は作り置きの時間が長いとしなびてくるので、なるべく注文を受けてから野菜を切る必要がある、と言われ早くきれいに野菜を切る練習をやらされました。

手間取っていると「遅い!」としかられスピードを上げて仕上げが雑になると「きたない!」としかられ、散々な目にあいました。それでもだんだんとコツを覚えどうにかお褒めの言葉をいただけるようになり、自分の包丁使いにも自信を持てるようになりました。

その他にも色々な種類のパスタの取り扱い方、ピザ窯を使っての上手なピザの焼き方など、私の配置された店がイタリア料理を専門とする店舗だったので、イタリア料理の基礎を一通り半年をかけて教わりました。その後実戦配置され忙しい日々を送ることとなるのですが、半年の実習のおかげでなんとかこなすことができました。

先日その会社の同僚で、今はエリアマネージャーンあっている友人と会いましたが、最近では研修施設として都内のホテルに従業員が宿泊して一般的な営業実習の他に、ホテルでの業務の体験なども行っているようです。
posted by ya!ya!ya! at 00:00| 仕事

2015年04月13日

女性社長の躍進

女性経営者といえば、まず頭に思い浮かぶのは二谷友里恵さんです。
元々は女優さんで、俳優の二谷英明さんの娘さん。

私はドラマをリアルタイムで見ていた世代ですので、株式会社トライグループ代表取締役社長に就任されたことで、あの綺麗な女優さんが!とそのニュースを見た時にはとても驚きました。

ネットの人物辞典で二谷友里恵さんを調べてみると、トライの他にも、アメリカで生まれた「My Gym」という子供向けフィットネスクラブの日本版「My Gym Japan」を運営されているようです。

これは私も知りませんでしたが、個別指導塾のトライにはフランチャイズがあって「トライプラス」という名称との事。


あともう一人の女性は、人材派遣会社のテンプスタッフを創業した篠原欣子ですね。

篠原さんは、米フォーチュン誌で12年連続で世界最強の女性経営者に選出されているほど、日本の女性経営者として最も有名な方の一人です。経営者として常に高い志を持ち、絶対に諦めないという意識が行動に表れている点が高く評価されています。

篠原さんは2015年時点では連結売上高3000億円以上の持ち株会社テンプホールディングスの取締役会長をされています。
posted by ya!ya!ya! at 22:42| 仕事

2014年12月23日

老人福祉施設の仕事

私は名古屋の老人福祉施設で働いたことがあります。

その時に、認知症が濃くなった人たちに対面して、ふつつかながらお世話をさせていただく中に、遺言の大事を痛感したものです。

とにかく、年をとって、本人が何もかもわからなくなることの怖さですよ…

あらかじめ、遺言を書いておきさえすれば、それでたいていはトラブルになんかならなくてすむわけですから。

どんな簡単でもいいから、生前、頭がしっかりしているうちに、正式な遺言状として痛感しています。

若いときにどんなにいい人でも、頭がぼけてしまって身よりは全くなく、司法書士さんに成年後見人を肩代わりしないといけないくらいになっていて、そのときはまだ銀行の通帳とか印鑑や手帳を預かってもらうくらいですみますが、いざ亡くなってから保険金だの相続とか贈与の段階にまでなると、問題が発生していました。

ボランティアで家を売り払った分を、どこかの団体に寄付するだとか何だとか、書き残しておいてくれたら司法書士さんだってそのようにできますが、大事なことがぬけていたりするのです。

いろいろ若いときには希望がそれなりにあったんだろうし、遺言は大切だよね…って、みんなで言ってました。
posted by ya!ya!ya! at 00:00| 仕事

2014年10月14日

パームツリーがある喫茶店

取引先のお店の新規オープンに先駆けて、沿道に建てるのぼり旗を20本プレゼントする事になりました。

とはいっても、のぼり旗1枚からデザイン無料の格安サービスなどがありますので、オープンの時に「よかったら使ってください。」と置いて来る販促品です。

そう言えば私は、お店の目印にはすごく思い出があります。

私は若い頃からサーフィンが趣味でよく夏になると海に出掛けました。

きらきら輝く水面に波しぶきを上げながら軽快に波乗りすることは休日の最高の楽しみでした。

いつも家に帰る海岸線に1本の大きなパームツリーがある喫茶店を好んで立ち寄っていました。

その店のオーナーは夫婦でサーフィンが趣味で会社勤めに終止符を打って、40歳の時にこの喫茶店をオープンしたらしいです。

お店は海岸線にあることから、全席オーシャンビューで解放感抜群、風通しもなく夕暮れ時は若いカップルでいつも満席でした。

一度、「パームツリーがお店にマッチして素晴らしいお店ですね」と語りかけたところ、オーナーさんから思い出話を聞かせて頂きました。

ご夫婦がこのお店をオープンする時に子供さん達が、このヤシの木の成長と共にいつまでもいろんな方から好かれるようなお店になるようにと願いを込められてプレゼントされたそうです。

それから今年でオープンより30周年の節目を迎え、オーナーさんも70歳を超えられました。しかしながら、まだまだお元気で、更に未来に向かってスタートを切られました。
現在、このパームツリーがその海岸で名所となり、海を愛するサーファーを中心に地元の方々にも愛される憩いの場になっています。
posted by ya!ya!ya! at 00:00| 仕事

2014年09月17日

ファンド

かなり年配の叔父が投資をしているというので、デイトレードでもしているのかお思い「あれ?パソコン苦手じゃなかったっけ?」と思ったのですが、よくよく来てみると私募ファンド(50人以下の非公開ファンド)に何口という単位でお金を預けて運用してもらっているという話でした。

確かにこれなら実績があって、信用できるプロがいる事を前提に自分に替わって専門家が投資をするのですからズブの素人でも大きな損害を被る事は無いかなと思います。

また、叔父が今投資しているのはFX(外国為替証拠金取引)のファンドで、運用が成功すればかなり利幅の大きい商品でした。

FXで破産したりという話を耳にしますが、それは自分でパソコンを使ってハイレバレッジで取引をしている人が資金を溶かしてしまうという事ですので、専門家が運用するファンドであれば少なくとも投資がゼロになること張ってもマイナスというのは無いでしょう。

叔父の話に私の父も乗りそうになっていたのですが、一口50万円よりという事でちょっと踏みとどまってしまいました。

叔父は自分の財産で運用しているようですが、実家は母が財布を握っていますので、この話を一から説明して説得させるのは難しいだろうなと、はたから聞いていて思いました。ふらふら
タグ:投資
posted by ya!ya!ya! at 12:09| 仕事

2014年07月30日

スーツケース

先日大変間抜けなミスをしてしまいました。
長期出張の帰りにスーツケースのダイヤル鍵がずれてしまったらしく開かなくなってしまったのです。

せっかくの出張データが入ったパソコンが中に入っている為、どうしても取り出さなくてはいけません。

しかし、買ったばかりのスーツケースを壊したくないですし、私のスーツケースは、リモアのチタニウムというかなり丈夫なものなのですが、高いので並行輸入で購入したため保証が効きません。

しばらく考えた挙句、もしやと思い スーツケース 鍵 で、鍵屋さんを検索してみました。

するとありました。
しないで24時間出張、スーツケースの鍵開けのページでは、リモワの私と同じトラブルについての説明まであります。

中のパソコンは絶対に撮りださなくてはいけないので、最悪壊すことになっても、可能性があればロックを解除してもらいたいと思いました。

もちろんあっさりとあけていただくことが出来ましたが、高価なスーツケースと大事なデータが賭かっていたので本当に冷や冷やものの体験でした。

実際はどちらも失うことなく、プロの鍵屋さんサマサマです。
タグ:
posted by ya!ya!ya! at 00:00| 仕事

2014年07月03日

ゴミの処分方法

私は20代の頃から現在まで私自身や知人経営する何種類かの飲食店に携わってきた経験がありますが、何度か飲食店のゴミで困ってしまった事がありました。

あれは私が20代前半の時に友人達と共同で立ち食いそば店を経営していた時の話で、駅前の一等地に友人の父親がパチンコ店を経営していた関係でその土地を格安の賃料で借りる事が出来たので立ち食いそば屋を経営していたのですが、その時に私がチーフマネージャーとして働いていて毎晩立ち食いそば店のゴミを出す時に何も知らなかった私はそのまま店の前にあるゴミ捨て場にゴミを大量に捨ててしまっていました。

そのゴミ捨て行為を2ヶ月ほど続けていたある日、私はいつまでもゴミが回収されずに悪臭を放っている事に気づき、残されたゴミを見てみるとそれは私の立ち食いそば店が出したゴミである事に気がついたのです。

私は事業系ゴミの有料チケットを貼り付けてゴミを出すというシステムを知らず、そのままチケットを貼らずに立ち食いそば店で出たゴミをそのまま店の前のゴミ捨て場に出していた為、ゴミ回収業者が持ち帰らずに溜まったままになっていたのでした。

その後コンビニエンスストアで事業系ゴミのチケットを購入して問題は解決しました。

今ではゴミ処理を横浜でしている会社と継続的に取引がありますので、あらゆる事業ゴミや産廃の処分方法がわかるようになりましたが、当時はそんなことも知らなかったのだなととても恥ずかしく思っています。
posted by ya!ya!ya! at 18:32| 仕事