2016年05月12日

親友の選択

私の親友K子は人探しのために探偵を利用しました。

K子を妊娠させた相手が妊娠を告げたとたん、音信不通になってしまったので、ずっと実家のある愛知県で子供を育ててきました。

その子供が大きくなり、今では小学生になりました。

子供とはずっと二人で生活をしてきたのですが、父親について聞きたい年頃になってきたので、自分でも音信不通の血のつながった父親が今どこでどんな生活を送っているのかが知りたくなったのです。

そこでその相手を探偵に愛知、もしくは東海地方のどこかに居ると信じて探してもらう事にしたのです。

相手の出身校と年齢など、かなり基本的なデータを渡したそうですが結果はすぐに出ました。

しかも愛知県内に住んでいることも。

今では家庭を持って、子供が二人いるとのことでした。

勇気を出して連絡を取ろうと思ったのですが、連絡をしても文句の言葉しか出てこないと思い、今は連絡先だけ分かっただけで満足しているそうです。

本当は彼の家族にきちんと子供のことを言って、養育費をもらいたいところでしょうが、彼の家族を困らせて良いのかとても迷っている様子でした。

もしも、子供が本当の父親に会いたいと言い出した時には、20歳を過ぎたころに彼の連絡先を教えてみるつもりでいるそうです。

料金はかかりましたが、探偵を使ったことで、すぐに会いたい人の連絡先が分かったので、今はとても満足しています。
タグ:探偵
posted by ya!ya!ya! at 23:30| 日記

2016年05月06日

コスプレ自作話

コスプレをする人ならば、大体の方が一度は小物や衣装を自作したことがあるでしょう。
最近ではコスプレイヤーに焦点を当てた型紙付の本の販売も、着実に増えてきています。

服の基本形からマスター出来る、初心者用の衣装製作ブックなども(あまりそういった層向けではなさそうな)書店でも良く目にするようになりました。

私が思うに、コスプレに関わり、自分が着る、あるいは友が着るとなると、自然作る服や小物のバリエーションが増えるので、結果的にどんどん器用になっていくような気がするのです。当たり前のことなのかもしれませんが。

例えば、昔はグルーガンの「グ」の字も知らなかったのに、今ではさっさと小物の装飾線を描けるくらいになってしまったり(私はイラストが壊滅的に下手です)。

それから例えば、とあるキャラクターの服装の再現をする時。

「○○(キャラクター名)の服装はファンタジーな和装だから、この部分にはジャカード織の布を使っ……」
という、布の種類にもこだわるようになりました。

これは器用とは違うのかもしれませんが。間違いなく、コスプレに関わる以前ならば考えもしなかった部分です。

サイバーなゲームコスプレなどは正直衣装の専門店で買ったものをカスタムした方が完成度が高いのでそうしていますが、ファンタジー系なら基本的に洋服です。

これが日常生活でも意外と便利。

昨今話題になったDIYでのものづくりでも、今までの小物づくりの感覚で割と満足出来るものが作れたり。
着なくなった服を別のものに作り変えたり。

趣味がいつのまにか私生活にも影響する、なんてことはよくあることでしょうが、コスプレはなかなか。日常生活における器用さが鍛えられる趣味だと思います。
posted by ya!ya!ya! at 22:33| 日記

2016年03月05日

液晶破損

アスファルトの上にiPhoneを落としてしまい、画面のフロントガラスが割れてしまいました。

そんなに強い衝撃ではなかったのですが、案外、すぐ壊れるんだなとショックでした。落した当初は、筋が何本か入っていただけで、液晶も見れていたし、電話やメールも普通に使えてました。

ただ、その状態で使っていたら、どんどんとヒビが多くなり、ガラスが粉々になっていき、最後の方はタッチ操作もうまく反応しなくなってきました。

そこまで来るとさすがにどうしようもないので、あきらめて、修理してくれるところをインターネットで検索すると、正規店では、2万円以上かかるうえにデータもクリアされてしまうという情報が見つかりました。

金額もあれですが、データを移動したりも面倒だったので、評判の良さそうなiPhone修理を多治見付近の非正規店で探し、修理をお願いしました。

私の場合、液晶まで破損しているということで1万2000円ほど取られましたが、appleの純正パーツを使わなかったので、それでも少し安めでした。

店員さんによると、割れた状態で使えば使うほど、傷が深くなり、修理代もかさみ、また予期せぬ怪我にもつながる恐れがあるので、早く修理した方が良いとのことでした。

落さないように気をつけるのが一番ですが・・・。
posted by ya!ya!ya! at 23:02| 日記

2016年02月19日

舞台の裏方仕事

祖父母が舞台鑑賞が大好きでした。おじいちゃん子だった私は物心つく前から祖父母に連れられてミュージカルやストレートプレイ、大衆演劇などをよく観に行っていました。

中学では演劇部はなかったのですが高校ではどうしても演劇がやりたかったため演劇部のある高校へ進学しました。

最初は役者志望でしたがまずは裏方からという方針で舞台照明をまず経験しました。

初舞台で舞台照明を経験し、そこで大きな失敗をしてしまいました。

たくさん練習したにも関わらず緊張で頭が真っ白になりやってはいけない失敗をしてしまったことが悔しくて涙が止まりませんでした。

そしてさらに照明をしていた先輩が本当に素晴らしい方で顧問からの信頼はさることながら他校の顧問の方やプロの照明家の方々からの信頼も厚く仕込や場当たりでの気遣いなども素晴らしい方で、そのような方と比べられたのがさらに悔しかったのです。

このことがきっかけで役者ではなく照明をする決意をしました。

舞台を観るときは照明を主に見るようになりました。
今でもこの会場の舞台装置メーカーはどの会社だとか、機械の事をよく見ますが職業病みたいなものですね(笑)

大会などでの他校のリハーサルには時間の許す限り見学に参加しましたし仕込にも積極的に参加しました。

私が照明を引き継いだ当初は絶望的だと言われ悔しい思いをたくさんしましたがそのおかげで絶対に先輩を越えてやるという思いが強くなりました。

そして大会に出場した際には舞台照明の技術で表彰していただいたり市民劇団の公演の際に舞台照明をしてほしいと声をかけていただいたりするようになりました。

高校卒業後も劇団から声をかけていただいたりと様々な劇団で裏方をさせていただきました。

そして卒業後もしばらくは舞台照明をしていましたがそうすると観客として舞台を観る機会が減りました。

やはり私は様々な舞台を気が済むまで見たいという思いが捨てきれず現在は趣味で舞台鑑賞をする日々です。

裏方に携わったことにより違う視点から観劇するようにもなり舞台を観る楽しさがさらに広がっているように思え幸せだと感じる日々です。
posted by ya!ya!ya! at 22:39| 日記

2016年01月12日

一括査定

引っ越しに伴い、長年乗った愛車を処分することになりました。

叔父に譲っていただき、独身時代から家族を持つまで長年共にした、思い出の詰まった車であっただけに、廃車処分は避けたいものの、走行距離が15万キロ以上であったため、値段がつくかつかないかのギリギリでした。

ちょうど引っ越し見積もりサイトで引っ越し業者を選んだ際に、併せて神奈川で「車売る 査定」を検索して申し込めたため、試しに行ってみることにしました。

そうしたところ、ネット査定をお願いしたとたんすぐに査定業者からアプローチが多数あり、仕事で忙しい身としては結果的にとても助かりました。

アプローチのあった業者のなかから実際に車を見させてくださいと申し出のあった3社に愛車を見てもらい、そのうち、2社が値段をつけてくださいました。

中古車販売業者のなかでも、ディーラー系の業者の方が比較的高く値段をつけてくれた感じがします。

選定をお願いしているうちに車検が切れてしまったのですが、それでも大丈夫ですとのことでした。

結果的に納得のいく値段の提示があったため、必要な書類をそろえ、車検証と鍵を渡して手続きが終わり、担当の方が車を動かして持って行って下さいました。

車を売る経験は初めてでしたが、自分で業者に持ち込むものとばかり思っていたため、考えたよりも呆気なく簡単に売ることができ、また納得のいく値段で売ることができ、満足でした。

特に忙しい人には、車の査定サイトは便利だと感じました。
posted by ya!ya!ya! at 19:47| 日記

2015年12月07日

痛くないワックス脱毛

ちょっと前からブラジリアンワックスを使うようになったので、そのことについて書きたいと思います。

海外ドラマなどを見てこの脱毛方法が気になっていました。

私は一番初めにブラジリアンワックスは家でできるものをネットで買いました。

それは天然の成分で作られてるとても安全で、お湯ですぐ落ちるものなので初心者でも使いやすいワックスでした。

どれくらい痛いのか怖かったのですが、すごい痛いとかはなかったです。まあ、脱毛の為ならこのくらいは...と言った感じでしょうか。

レンジで温めてから使うのですが、熱い!って感じだったので、そっちの方が最初はびっくりしました。

綺麗に毛が抜けるし、次に生えてくるのも遅くなるのですごく楽なのと、天然成分だからか肌がツルツルになります。
それは嬉しいおまけでした。

肌が傷むんじゃないかとか心配だったのですが、むしろブラジリアンワックスの方が肌にいいんじゃないかなと感じました。

その後、友人がプロにやってもらうと痛さも熱さもほとんどないというので、福岡のブラジリアンワックス専門店に予約を入れてみました。

ワックス自体がプロ用なのか、それほど熱くない状態で液化、固形化していたように思いますし、当然のように痛くありません。

それに毛が生えてきても、毛根からきちんと抜けてくれて、ワックスも毛穴に浸透しているからなのか、生えてきても毛根が弱ってる状態なので、ちょっと触ったら勝手に抜けてくれるので、これはすごく便利だなと感じました。

気になってる方はぜひおすすめしたいです。"
posted by ya!ya!ya! at 22:39| 日記

2015年11月27日

買取相場

車好きにとって、ピカピカの新車を手に入れることは大きな喜びですよね。
誰の手にも触れていないピカピカの新車を手に入れるのならば、やっぱりディーラーが安心です。

でも新車を買うとなると気になるのがお値段です。
新車だからやはり高めですし、割引もあまり期待できません。
いろんなオプションをつけていけば更にお値段は上がっていきます。

もし既に車を持っているのなら下取りしてもらうと言う方法があります。
下取りしてもらえば、下取り価格分費用を相殺して新車を購入することができますから、買い換える方はみんな下取りを考えます。

カーディーラーでもこうした下取りは積極的に行われています。

新車を購入するカーディーラーで下取りもして貰えるのならとても楽だし便利です。
でもその選択、もしかすると大損しているかもしれません。

実はカーディーラーでの下取りは価格は、買い取り業者が出す査定価格よりも大きな差があるのです。

カーディーラーの下取りはほぼ言い値で通用し、競合相手がいないため安く買い叩かれる傾向があります。

それに対して買い取り業者は競合企業がたくさんあり、それぞれが競って買い取りを行っています。

こうした事情から買い取り業者に売るほうが高く売れる傾向があるのです。

その差額は決して小さいものではありません。
カーディーラーでの下取り価格が5万円だったのに対し、買取業者の査定額が30万円にもなったという例もあります。

今はネットで 車 買取相場 で簡単に愛車の価格を調べられますし、カーディーラーにそのまま下取りを出す前に、買取業者のほうでも査定を出して貰ったほうが安心です。

査定を依頼する分手間は多少かかりますが、そのひと手間で数十万円浮くかもしれません。
タグ:中古車
posted by ya!ya!ya! at 00:00| 日記

2015年11月11日

二度の占い体験

会社の先輩がある占い師さんに見てもらった話を聞いて、あまりにも当たっていてしかもおもしろくて笑える感じだったので、興味を抱いて私も見てもらいたいと思いました。

実際私が占い師さんに相談した内容は二つあるのですが、一つ目はつきあっていた彼と別れた後で、次の出会いに期待したり元気を出したりしたかったので恋愛についてです。

どういう彼とつきあっていたかなどはこちらが話すのではなく、占い師さんが「こういう考え方の、こういう人物だったね」と彼の性格や身体的な特徴などを言い当てて来たのですごいと思いました。

とても当たっていたのですごく面白かったです。

その後その彼が戻って来てやり直すことになると言われ、私はそれはちょっとと思ったのですが現実になりました。

もう一つの内容は、実家福岡の親戚関係のごたごたがあったのでその件についてです。

祖母が亡くなったことによる相続問題で、両親と私と兄弟が育った家と土地を売って早く金をよこせ、と強行に言ってくる叔母がいて、その人が物理的に家を壊したり実力行使してきそうな勢いだったので、うちの家族は結構心身共にダメージを受けていました。

そこで口コミで評判が良い福岡の占い師さんに予約したのですが、その強硬な叔母の人となりをズバリと言い当てて来て、今はちょっと頭がおかしくなっている、4月頃に本当に実力行使して来る可能性があるとアドバイスされました。

占い師さんはあなたの母はかなりパワーのある人で、そのパワーを持って叔母さんの力を抑えるようになるから安心して、とも言ってくれました。

こちらも本当に言う通りとなったのでとても驚きました。
posted by ya!ya!ya! at 00:00| 日記

2015年10月15日

会社からの香典

私が現役時代に勤務していた会社は、社員の両親や義両親が亡くなると、職場の上司が葬儀に参列して会社からの香典を届けると言う制度がありました。

その関係で、東北地方から九州まで、全国各地の葬儀に多数参列した経験があります。

逆に会社のある埼玉の和光市では家族葬が多かったので、地元で不幸があっても会社関係者が参列する機会はありませんでした。

都会では、葬儀会館で葬儀が営まれる事が多く、宗派が違っても式次第はほぼ同じで画一化された感じがします。

しかし、地方に行けば、宗派に関係なく、その土地特有の風習がある事に驚かされました。

四国のある地方の葬儀では、いつ葬儀が始まったのか分からぬような形式もありました。
お坊さんが読経を始める前に、近隣の人がパラパラと訪れ、焼香をして、さっさと帰って行き、焼香順も何もあったものではないと言う葬儀にも出くわしました。

また、中国地方の山の中の村では、出棺の時に、近親者が棺を3回自宅の庭で回した後に、霊柩車に乗せると言う昔はあちこちで行われていた習慣を、守り続けている所もありました。

北近畿のごく一部のエリアでは、近所の人達が、様々な装束とお供え物の様なものを持ち、霊柩車まで棺を担いでいく葬列を未だに続けている所もありました。更に、福井県のある地域では、葬儀の参列お礼が香典返しを兼ねて商品券を参列者に一律に私と言う所もありました。

葬儀には、それぞれの宗派のしきたりと、その地方ならではの信仰や習慣でこんなにも特徴があるのかと感心したものです。

その地に根差して生を全うし、死を迎えた人にとっては、こうした土地ならではの風習で送る事が、故人にとって意味があるのかもと強く感じたものです。
posted by ya!ya!ya! at 22:57| 日記

2015年10月02日

父から譲ってもらった車

父が譲ってくれた車にずっと乗って過ごしていたのですが、友人が自動車会社で働いているっていう縁があって中古車を購入するっていうことができて、父から譲ってもらった車をどうしようかと悩んでいました。

その時にその友人に父からもらっている中古車の処分はどうしたらいいだろうかって相談をしたら、その友人はそれだったら処分をするっていうのはもったいないからその中古車買い取りで買い取ってもらったらどうだろうと提案をされて買取をしてくれるのだったらそうしてもらおうと決めました。

とはいってもどこで中古車買い取りをしてもらえるのかっていうことを知らなかったので以前職場でネットの一括査定でトラック買取をしてもらった事を思い出し、普通車の一括買い取りサービスを利用する事にしました。

最初は長年ずっと乗って過ごしていた中古車だからそれほどいいお値段で買い取りはされないだろうなっていう気持ちで中古車買い取りの金額の査定をしてもらったのですが、買い取り金額が私の予想以上のお値段で本当にいいのだろうかって目を疑ったくらいです。
予想外のお値段で買い取ってもらえたっていうこともあってここは本当に素晴らしいと感激させられました。今後も買い取りはお願いしようと思います。
posted by ya!ya!ya! at 00:00| 日記