2016年03月30日

サンフランシスコの思い出

私は今まで2度海外留学(しかも同じ都市)をしました。

きっかけは勤めていた会社を辞めようと思っていた頃に映画鑑賞にどハマりし、今まで好きではなかった英語に興味を持ったからです。

どの国にしようかと迷いましたが、やぱり映画の本場であるアメリカにしようと思い資料を集めました。

その中でサンフランシスコに惹かれたので、自分の条件に合う語学学校を探しました。

とりあえずお試しという感じだったので、短期留学(3ヶ月)することにしました。

3ヶ月だと学生ビザを取る必要はないのですが、授業時間に制限があるため午前中のみ授業を受けることに決めました。

滞在中、午後からフリーだったので他国の友達と勉強やおしゃべりを楽しんで過ごしました。

私が行ったのは1月から4月でしたが、3月には春休みに入った日本の大学生がいっぱいでした。

2回目はその一年後、4年制州立大学について、アメリカ留学の費用を調べていて、初めの計算よりかなり安く留学する方法をネットで知りました。

土地勘があるということと、以前友達になった人がまだ勉強中だったということもあり、同じ都市に決めました。

エージェントに頼んですべて(飛行機・空港からの送迎・滞在先・学校等)を手配してもらったのですが、料金が割高なのと何かと不都合があって気分が悪かったので2回目はすべて自分で手配しました。

基本的に大都市の中心部はどこの学校へ行っても必ずと言っていいほど日本人がいるので、どうしても日本人に会いたくなければ大都市は避けるべきでしょうね。
タグ:留学
posted by ya!ya!ya! at 23:27| 勉強・学習

2016年03月05日

液晶破損

アスファルトの上にiPhoneを落としてしまい、画面のフロントガラスが割れてしまいました。

そんなに強い衝撃ではなかったのですが、案外、すぐ壊れるんだなとショックでした。落した当初は、筋が何本か入っていただけで、液晶も見れていたし、電話やメールも普通に使えてました。

ただ、その状態で使っていたら、どんどんとヒビが多くなり、ガラスが粉々になっていき、最後の方はタッチ操作もうまく反応しなくなってきました。

そこまで来るとさすがにどうしようもないので、あきらめて、修理してくれるところをインターネットで検索すると、正規店では、2万円以上かかるうえにデータもクリアされてしまうという情報が見つかりました。

金額もあれですが、データを移動したりも面倒だったので、評判の良さそうなiPhone修理を多治見付近の非正規店で探し、修理をお願いしました。

私の場合、液晶まで破損しているということで1万2000円ほど取られましたが、appleの純正パーツを使わなかったので、それでも少し安めでした。

店員さんによると、割れた状態で使えば使うほど、傷が深くなり、修理代もかさみ、また予期せぬ怪我にもつながる恐れがあるので、早く修理した方が良いとのことでした。

落さないように気をつけるのが一番ですが・・・。
posted by ya!ya!ya! at 23:02| 日記

2016年02月19日

舞台の裏方仕事

祖父母が舞台鑑賞が大好きでした。おじいちゃん子だった私は物心つく前から祖父母に連れられてミュージカルやストレートプレイ、大衆演劇などをよく観に行っていました。

中学では演劇部はなかったのですが高校ではどうしても演劇がやりたかったため演劇部のある高校へ進学しました。

最初は役者志望でしたがまずは裏方からという方針で舞台照明をまず経験しました。

初舞台で舞台照明を経験し、そこで大きな失敗をしてしまいました。

たくさん練習したにも関わらず緊張で頭が真っ白になりやってはいけない失敗をしてしまったことが悔しくて涙が止まりませんでした。

そしてさらに照明をしていた先輩が本当に素晴らしい方で顧問からの信頼はさることながら他校の顧問の方やプロの照明家の方々からの信頼も厚く仕込や場当たりでの気遣いなども素晴らしい方で、そのような方と比べられたのがさらに悔しかったのです。

このことがきっかけで役者ではなく照明をする決意をしました。

舞台を観るときは照明を主に見るようになりました。
今でもこの会場の舞台装置メーカーはどの会社だとか、機械の事をよく見ますが職業病みたいなものですね(笑)

大会などでの他校のリハーサルには時間の許す限り見学に参加しましたし仕込にも積極的に参加しました。

私が照明を引き継いだ当初は絶望的だと言われ悔しい思いをたくさんしましたがそのおかげで絶対に先輩を越えてやるという思いが強くなりました。

そして大会に出場した際には舞台照明の技術で表彰していただいたり市民劇団の公演の際に舞台照明をしてほしいと声をかけていただいたりするようになりました。

高校卒業後も劇団から声をかけていただいたりと様々な劇団で裏方をさせていただきました。

そして卒業後もしばらくは舞台照明をしていましたがそうすると観客として舞台を観る機会が減りました。

やはり私は様々な舞台を気が済むまで見たいという思いが捨てきれず現在は趣味で舞台鑑賞をする日々です。

裏方に携わったことにより違う視点から観劇するようにもなり舞台を観る楽しさがさらに広がっているように思え幸せだと感じる日々です。
posted by ya!ya!ya! at 22:39| 日記

2016年02月05日

バリ島ツアー

5泊7日でバリ島のヌサドゥア地区にあるホテルに滞在しました。

プライベートビーチや数種類プールがありました。とても浅いプールもありましたので小さな子供でも水遊びが出来ます。

又部屋から直接プールに降りられる部屋もあります。朝食のブッフェも和食、中華、洋食、インドネシア料理と種類も多く毎日飽きることなく沢山頂きました。

観光はまず、念願のエレファントサファリに行きました。自然の中で象に乗ったり曲芸を見ることができます。

その後、日本であらかじめいくつかのバリ島ツアーをチェックしていて、時間の許す限りツアーに参加する事にしました。

ケチャックやバロンなど各種ダンスも迫力があり又自然が沢山残っているバリ島東側のドライブもとてもリラックス出来るひと時でした。

今回は高級ホテルのアフタヌーンティも数件楽しみました。ホテルブルガリではエメラルドグリーンの海を下に眺めながらとても繊細でクオリティの高いお茶やスイーツを楽しみました。

ホテルセントレジスは洗練されたとてもおしゃれなBarでアフタヌーンティを楽しむことが出来ます。

こちらはキッシュやサンドイッチ始めマカロンや各種プティフールもとても美しくて美味しく絶対又行きたいホテルです。何度か行っているバリ島ですが行くたびに新しい顔を見せてくれる場所です。

次回はゆっくり全ての世界遺産を見てまわりたいです。
タグ:バリ
posted by ya!ya!ya! at 09:23| 旅行

2016年01月12日

一括査定

引っ越しに伴い、長年乗った愛車を処分することになりました。

叔父に譲っていただき、独身時代から家族を持つまで長年共にした、思い出の詰まった車であっただけに、廃車処分は避けたいものの、走行距離が15万キロ以上であったため、値段がつくかつかないかのギリギリでした。

ちょうど引っ越し見積もりサイトで引っ越し業者を選んだ際に、併せて神奈川で「車売る 査定」を検索して申し込めたため、試しに行ってみることにしました。

そうしたところ、ネット査定をお願いしたとたんすぐに査定業者からアプローチが多数あり、仕事で忙しい身としては結果的にとても助かりました。

アプローチのあった業者のなかから実際に車を見させてくださいと申し出のあった3社に愛車を見てもらい、そのうち、2社が値段をつけてくださいました。

中古車販売業者のなかでも、ディーラー系の業者の方が比較的高く値段をつけてくれた感じがします。

選定をお願いしているうちに車検が切れてしまったのですが、それでも大丈夫ですとのことでした。

結果的に納得のいく値段の提示があったため、必要な書類をそろえ、車検証と鍵を渡して手続きが終わり、担当の方が車を動かして持って行って下さいました。

車を売る経験は初めてでしたが、自分で業者に持ち込むものとばかり思っていたため、考えたよりも呆気なく簡単に売ることができ、また納得のいく値段で売ることができ、満足でした。

特に忙しい人には、車の査定サイトは便利だと感じました。
posted by ya!ya!ya! at 19:47| 日記